日々の靴作り

『樹−ショートブーツ』

樹をイメージして作ったショートブーツです。
黒の自然のシボが入ったカーフを本体に使い、艶のあるつるっとしたカーフを軸とヒール巻に使っています。
裏は、オリジナルで染めた、抹茶色の馬革です。

ki1

サンプルのロングブーツで足入れを確かめて、ご指定の筒の長さがありましたので、仮縫いをしました。

ki2

上のように、センターで縫い割った仮のものを作り、
筒の長さと履き口の太さ、左右違う軸の位置が良いか確かめました。

確認後、それぞれのパーツの型紙を作って、まず軸のパーツを作るところから始めます。軸にパーツを縫い合わせていくという大変な作業ですが、立体を作りあげていく工程は、楽しく没頭します。

靴の完成後、お客様のフットプリントと前回お作りした調整を参考にした足底のアーチ調整をして、お試しいただきました。

大人のカッコよい素敵なブーツになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です